子犬の飼い方

このコンテンツでは子犬の飼い方を学びましょう。成犬と違って子犬はデリケートですので飼い方にも注意する必要があります。

子犬を飼う場合の手続き
子犬に限らず、犬を飼う場合には、様々な手続きが必要です。これは法律でも定められていて、飼い主の義務でもあります。飼い主の義務として絶対に手続きを済ませましょう。

飼うのに必要な物を揃える
子犬を初めて飼う場合にあらかじめ買いそろえなければいけない道具があります。例えば首輪や食器などいくつかあります。選ぶポイントなどに注意をしてそろえましょう。

子犬を飼った初日
犬を飼う初日は嬉しいかもしれませんが、あまりはしゃがずにまずは犬をゆっくり休ませましょう。

子犬の散歩の仕方
少なくても朝と夕方の一日2回は散歩に連れて行ってあげましょう。特に子犬は遊びたい年頃です。散歩に連れて行ってあげましょう。また散歩の時にしつけるととても効果的です。

散歩に連れて行く時の注意
子犬は少なくても一日2回は散歩に連れて行きましょう。ただ、注意することもあります。特に夏場は暑さに注意しておきましょう。

散歩はとても重要
子犬の散歩中に犬の健康チェックやしつけを行うことも出来ます。また、散歩から帰って来たら手入れもしてあげましょう。

子犬を外で飼う場合
子犬を飼うようになった場合、どこで飼うかというのはとても大切です。子犬は室内でも十分に飼える大きさのため室内で飼う人も多いですが、外で飼う場合は注意が必要です。

子犬を外で飼う時の注意点
子犬の頃は特に遊びたい時期で、甘えたり、さびしがったりする時期でもあるため、外で飼う時には十分に注意しなければいけません。

人間の食べ物を与えないようにする
人間の食べ物を与えても問題がないものもありますが、基本的には栄養面やしつけの点からみてもやはりあまり良くはありません。

子犬に与えてはいけない物
子犬に限らず、犬に与えていけない食べ物はいくつかあります。特に子犬は身体が小さい分、与えていけない食べ物を与えると最悪死に至る場合もあります。十分に注意しましょう。

子犬の食欲には注意が必要
子犬の病気の早期発見のポイントとして、まず食欲に気を付けなければいけません。食欲の減退は体の異常を意味することがほとんどです。

リンとタンパク質には注意する
鳥のささみや赤身はタンパク質が多く含まれているため、リンを極端に多く摂取してしまい、結果としてリンとカルシウムのバランスがくずれてしまいます。

食事の栄養バランスは重要
飼い主が犬の栄養バランスをきちんと考えた上で食事を与える必要があります。それでも治らない場合は病院と相談しましょう。

子犬にはドッグフードを与えましょう
子犬の食事は何をあげたら良いか迷ってしまう人も多いと思いますが、間違いなく子犬用のドッグフードをあげれば問題がないです。

ドッグフードの与え過ぎには注意
与えたドッグフードを一気に完食したからと言って、追加でドッグフードを入れることはやめましょう。犬はどんどん食べるため、食べ過ぎてしまい、肥満にもつながります。

夏場に注意する点
人間が暑いと思えば、犬も暑いです。特に子犬は散歩する時など、アスファルトに身体が近い分特に熱を感じやすいです。

子犬の育て方
子犬を育てるには数々のポイントを踏まえながら育てなければいけません。まず人口哺乳をさせる場合は、市販の動物用の哺乳瓶を使います。

体調管理は飼い主の義務
子犬を飼う上で、体調管理は飼い主の義務です。ちょっとした体調の変化にも気を配って注意をしなければいけません。

子犬の健康管理
子犬の健康管理には十分に注意をしなければいけません。特に子犬の時期は身体も弱く、一番成長する時期でもあるため身体の変化が著しいです。

子犬の健康診断
子犬の頃は特に定期健診が必要です。子犬であれば月に一度は定期健診を受けさせましょう。

子犬の健康状態を知ろう
子犬の健康管理の目安として、食欲は犬の健康状態を知る1つ目安ですが、食以外でも気を付けなければいけない場合があります。

異常のチェックポイント
子犬は身体が小さい分抵抗力がないため、病気や怪我に対して気を付けなければいけません。そのため自分の子犬を定期的に身体の隅々までチェックすることが大切です。

子犬の病気の予防策
子犬は病気に対しての抵抗力が成犬に比べて弱いため、子犬を飼う環境から常に清潔にしておく必要があります。

新生児の注意点
子犬の育て方には非常に注意しましょう。特に生まれたばかりの子犬は身体が弱いため、最も注意しなければいけない時期です。出生から三週齢までの子犬を新生児といいます。

新生児の健康管理
生後間もなくは、犬の動きや様子、体温などにも気を配ります。異常があればその都度調べて、処置をしますが、それでも一向に良くならない場合はすぐに病院に連れて行きましょう。

子犬の狼指・狼爪や断尾手術
余分に生えそろっている指や爪は「狼爪」や「狼指」といいます。グレート・ピレニーズやその他いくつかの大型犬は例外ですが、この狼爪や狼指は異常とされます。

正しい子犬のしつけ方
間違った子犬のしつけ方していませんか?

このページの先頭へ