子犬のお手入れ

子犬のお手入れは定期的に行いましょう。グルーミングを行うことで子犬をいつでも清潔で健康にする必要があります。

手入れの始め方
手入れをさせるためには、子犬の頃から手入れに慣れさせる必要があります。まずは子犬に普段から触れ合うことが大切です。子犬の身体をなでてあげたり、触れ合うことで子犬は喜びます。

手入れは定期的に行う
毎日洗ってあげるような特別な手入れは必要ありませんが、簡単な手入れなどは定期的にしましょう。

散歩の後の手入れ
散歩から帰ったら犬を休ませながら毛のブラッシングやコーミングをする習慣を付けると良いでしょう。散歩をした後はブラッシングをする習慣を身に付けさせましょう。

毎日の手入れはブラッシングが中心
子犬は毎日の手入れがとても大切です。短毛や中毛犬種は日頃の皮膚や被毛の手入れもブラッシングが中心ですので、手入れも比較的楽です。

トリマーに手入れを依頼する
子犬の手入れは決して難しくはありませんが、子犬自身が慣れていない場合、犬が暴れることもあるため、そういった点で大変です。そのため最初のうちはトリマーに依頼するのも良いでしょう。

ブラッシングとコーミング
子犬のお手入れで重要なものにブラッシングとコーミングがあります。ブラッシングやコーミングを行いやすくするのも重要です。

ドライシャンプーの仕方
犬を清潔に保つため、シャンプーを時々しなければいけません。しかし大概の犬、特に子犬はシャンプーをとても嫌がります。そのため子犬に対してはシャンプーではなく、ドライシャンプーをおすすめします。

シャンプーのポイント
シャンプーをすることによって皮膚や毛に貯まったフケやアカを取り除き、体臭を消し、血行も促進させます。とりわけ長毛種のドライアップ後は、毛も美しく、見違えるほどの清涼感が表れます。

シャンプー後の乾かし方
子犬をシャンプー洗いをした後はドライヤーで乾かさなければいけません。慣れた犬であってもドライヤーの音や熱風は嫌がります。子犬の頃からシャンプーとドライヤーには慣らさなければいけません。

子犬の入浴
犬の入浴は人と同じように風呂に入れる訳ではありません。犬は人のように汗腺が発達していないので、長く湯につかるとのぼせてしまいます。シャンプー洗いを中心にした入浴と考える方が実践的です。

湯拭きの仕方
子犬を清潔に保つために、時には身体を洗わなければいけませんが、子犬の頃はシャンプーなどを嫌がるため、最初のうちはぬるま湯で濡らしたタオルで犬の体を拭く「湯拭き」を行いましょう。

汚れの取り方と注意点
散歩中にガムなどが犬の体に付着してしまうとなかなか取りにくいです。特に子犬の場合は身体が低い分、汚れが胸などにも付く場合もあります。こういったものを無理矢理とっては犬も嫌がります。

耳の手入れ
子犬は病気にかかりやすい時期のため、こまめに手入れをすることが大切です。犬にとって耳は汚れやすい部位でもあるため、耳の中のチェックは必要です。

口や歯の手入れ
子犬にとって歯はとても重要な部位です。犬は物を噛む、食べるだけでなく、物を持つ、引っ張る、手のような役割をします。口は歯の手入れはしっかりと行いましょう。

目の手入れ
犬に限らず動物にとって目は大切です。健康で正常な目なら、改まって手入れをする必要はありませんが、中には目の周囲が汚れやすい犬がいるので、いつも清潔にしてやることが大切です。

肛門周辺の手入れ
子犬の肛門周辺も注意しなければいけません。短毛犬種で正常便なら汚れることもありませんが、柔らかい便や下痢などでは毛について不潔になることがあります。

換毛期の手入れ
子犬であっても換毛期には驚くほど抜け毛が多くなります。この換毛期はは春と秋あたりにあります。この時期はまとまって毛が抜け落ちる場合もあります。

ノミの駆除法
犬にとってノミはとても気を付けなければいけません。特に子犬であれば、抵抗力が弱いため、清潔に保たなければいけません。春先から夏にかけてノミはどっと増えてきます。

正しい子犬のしつけ方
間違った子犬のしつけ方していませんか?

このページの先頭へ