子犬のしつけ方

子犬のしつけ方について解説しています。人間と同じで犬も子犬の頃からしっかりとしたしつけを行いましょう!

しつけないと言う事を聞かなくなる!
犬をしつける場合、子犬のうちからしっかりとしつけることが大切です。成犬となってはなかなかしつけづらく、手間がかかってしまいます。そのため子犬の時から徐々に人に慣らせてしつける必要があるのです。

子犬の時からしつけるのが重要
なるべく早い段階、子犬のころからしつけを始めましょう。成犬になってからはなかか覚えることができません。子犬の頃から人間の力上であるということを常に見せてあげれば、犬は飼い主にしたがいます。

子犬の性格に合わせたしつけを行う
子犬をしつける場合、まずは自分の犬の性格を知りましょう。しつけの仕方は子犬の性格によって変えなければいけません。また、子犬であってもその性格は犬の種類によっても違いがあります。

場合によってはしつけ教室も検討するべき
子犬の頃からしつけを正しく続けていれば、大概の犬は上手くしつけを覚えますが、中にはなかなか覚えてくれない犬もいます。こうした場合、しつけを諦めるのではなく、しつけ教室などに通い、プロに指導してもらうのも効果的です。

子犬のしつけで一番大事なのは服従訓練
しつけで一番大切なことは服従訓練です。この服従訓練とは、「お手」や「お座り」「待て」などを通して犬を服従させて、飼い主が力があり、リーダーだと覚えさせる訓練です。こういった訓練を子犬の頃から行うことで、犬は飼い主をリーダーと認め、安心して付いていきます。

子犬をしつけるタイミング
子犬のしつけは、飼い主の家に来た日から少しずつ始めましょう。子犬の頃から排便や排尿をしっかりと教えていれば、すぐに覚え、室内で飼う場合も安心です。

子犬のしつけのポイント
子犬をしつけるコツは、犬の性格をしっかりと理解し、しつけ中は良く褒めて、ストレスをできるだけ貯めさせないようにしつける必要があります。これはしつけをする基本です。

おすわり・ふせ・待てのしつけ方
服従訓練とはリーダーである飼い主に服従するための訓練です。服従訓練には「待て」や「ふせ」「おすわり」「来い」「ハウス」などがあります。

来いとハウスのしつけ方
子犬の頃からしつけを行うと、非常に楽に行えます。子犬は飼い主に従いやすいため、比較的楽に行えますし、成犬となってからしつけを行おうとすると大変です。来いとハウスはしっかりと覚えさせましょう。

愛情を持って根気よくしつける
犬は人間と違い、言葉が理解できませんが、その分人間のちょっとした行動を読み取る力は優れています。愛情を持って接してあげれば、その愛情はきっと犬にも伝わります。

子犬はとても敏感
多くの飼い主さんが「うちの犬は言葉が分かる」と言いますが、それは犬の敏感さにあると思います。子犬はわずかな声の変化や体の動き、表情などから場を察します。

褒めると叱るにメリハリをつけたしつけを!
愛情を持って時には褒めて、時には叱ってあげましょう。もちろん犬は褒められることを喜び、叱られることを嫌います。そのため普段から褒めてあげることによって、叱られることも分かり、善悪の区別が付くようになります。

子犬の服従訓練
服従訓練とは、飼い主に服従させて飼い主をリーダーだと覚えさせることを目的としたしつけで、具体的に言うと「お手」「お座り」「待て」などの行為によって飼い主に服従をさせます。

トイレを覚えさせましょう!
子犬であっても自分の寝床が汚れることは嫌います。そのため、犬専用のベッドを与えると、そのベッドの中で排尿、排便をすることはまずないです。必ず犬自らベッドから出て別のところでします。その性質を活かすことがトイレを覚えさせるコツです。

トイレのしつけ方
トイレのしつけはなるべく早い段階、子犬の頃から覚えさせなければいけません。毎日しつけていれば、早ければ数日、遅くても数週間で犬はトイレを覚えます。

散歩中もしつけのタイミング
子犬を飼う場合、散歩に連れて行くことは飼い主の義務で、毎日連れて行かなければいけません。犬にとっても、散歩に連れて行ってもらえることは非常に嬉しいことです。

子犬の無駄吠えの原因
犬はどうしても本能的に吠える動物です。特に子犬であれば、人間環境に慣れていない事もあってどうしても無駄吠えが多くなってしまいます。しかしあまりにも無駄吠えをするというのは飼い主のしつけが問題です。

噛み癖のしつけ
犬は本来物を噛むという習性がありますが、家の中で飼う上でいたるところにある物を噛まれると大変です。噛み癖のしつけはきっちりと行う必要があります。

性格に合わせた叱り方が重要
子犬にも性格があります。子犬をしつける時は犬の性格に合わせた叱り方をすることが重要です。むやみに叱っても犬は理解しないだけではなく、怖がってしまう場合もあります。

食事中のしつけは非常に大切
食事中のしつけは非常に大切です。食事は毎日摂るものですので、子犬の頃から覚えさせなければいけません。食事のしつけは、犬を飼い始めた日から行いましょう。

無駄吠えについて
犬は本能的に吠える動物です。子犬であれば特によく吠えます。しかし吠え過ぎはあまり良くありません。人間社会で飼う上で無駄吠えは近所迷惑にもなってしまいます。子犬の頃からしっかりと無駄吠えをさせないように心がけましょう。

飛びつきのしつけ
犬が飛びつこうとしたら、犬よりも先にこちら側からしゃがみ、「ヨシヨシ」と静止させます。必ずしゃがんで、犬を押さえるようにしてなでてあげましょう。そしてちゃんと座ったら褒めてあげましょう。

トイレのしつけ
子犬を飼う場合は室内で飼う家庭が多いと思います。そのためまずはトイレのしつけから覚えさせると良いでしょう。

食事のしつけ
犬は肉食獣です。子犬も例外ではありません。しかし、だからと言って純粋に肉だけを与えると、犬は必ず病気になり、最悪の場合死に至ります。そこで食事にもしつけが大事です。

手入れのしつけ
子犬の頃から定期的に手入れを行うことは犬のしつけにとってもすごく役に立ちます。手入れはしつけるチャンスです。犬の手入れをすると自然に犬を抱いたり、なでたりすることになります。

正しい子犬のしつけ方
間違った子犬のしつけ方していませんか?

このページの先頭へ